更新日:

深度マップ(depthmap)を使って被写界深度を静止画像に適用する

深度マップを使って静止画像に被写界深度を適用する方法をご紹介します。

1.深度マップとは

主に3Dソフトウェアなどを使用して、3Dの持つ奥行きを白と黒色で表現したものが深度マップ(z-depth、z深度、Zバッファ (Z-buffer, Z-buffering))です。

基本的に手前が白く、奥が黒です。

↓これが深度マップ

cut1_depth_.zDepth

 

 

2.深度マップで被写界深度を表現する

今回はMayaで書きだした深度マップを使用し、Photoshopで被写界深度を静止画像に適用してみます。

映像に被写界深度を適用する場合は、AfterEffectsのエフェクト「ブラー(カメラ)」のパラメーター「マップ」に深度マップファイルを適用することで実現します。

ですが、今回はPhotoshopで静止画を作成してみようというものです。

さらに、Photoshopの「アクション」を活用して、ボタンイッパツで「半自動処理」できるところまで作ってみたいと思います。(実用性は不明)

アクションファイルはブログの最後にダウンロード可能な状態にしておりますので、ぜひおみやげにしてくださいね。

今回の完成図はこちらです。 【完成図】

kanse

 

まず、元となるデータを用意します。(ぼかしの入っていない画像)

topvideo_sample1

 

次に、深度マップを用意します。

topvideo_depth

 

二つのデータをPhotoshop上に配置し、ラスタライズしておいてください。

WS000002

1.「Ctrl+a」で画面全体を選択します。

 

2. 深度マップを選択します。

 

3.「Ctrl+c」で選択範囲をコピーします。

 

4.「チャンネル」ウインドウを開いて下さい。(デフォルトだと「レイヤー」タブの横にあります。)

 

5.新規にレイヤーを作成してください。 layer

 

6.アルファチャンネルが追加されたら、「Ctrl+v」で先ほどコピーした選択範囲を貼り付けます。

その後、「RGB」という名前のレイヤーをクリックした後、「レイヤー」タブに戻って下さい。

WS000003

WS000004

 

7.「ぼかしの入っていない画像」を選択してください。

 

8.これからブラーを掛けますので、一応バックアップを残しておきます。 「Ctrl+j」を押してレイヤーを複製してください。レイヤー名も変えてみました。

WS000007

 

9.上のメニューからフィルタを選択し、ぼかし→ぼかし(レンズ)を選択します。

 

10.ウインドウが開きますので、「深度情報」の「ソース」をクリックし、選択肢から「アルファチャンネル」を選んで下さい。

 

11.「ぼかしの焦点距離」のスライダをぐーっと右に滑らすと、深度マップに応じたブラーがかかってくるはずです。

 

rens

 

12.今回の作業は以上になります。 ——— 一連の作業をアクションファイルとして作成してみました。

 

ダウンロード

 

この作業を日常的に行っている人には役に立つ・・だろうか・・

 

【重要】実行条件

「深度マップ」を下に、「通常画像」を上に置いた下の画像のような状態で実行してください。

 

一番上のレイヤー(ぼかしを掛ける前のレイヤー)を選択してください。

 

WS000002

 

動作テスト環境 ・PhotoshopCS4 ・PhotoshopCC  

 

コメントを残す

おすすめ記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク