更新日:

YDNの絶対に改善してほしい3つの仕様【Yahooプロモーション広告】

YDN、リマーケティングなどに大活躍してます。感謝してます。
でもGoogleAdwordsと比較すると、「もっとこうして欲しい」という不満がいくつか湧いてきます。
多くを望みませんが、特に改善して欲しい箇所を3つだけ書いてみます。

グラフが無い

graph

↑これは「スポンサードサーチ」のグラフです

グラフが無くても数字ベースで十分分かる、という人も多いと思いますが..僕はコンバージョン獲得の推移などを素早く知るためにグラフが欲しいです。

これはカスタマーサポートに問い合わせてみましたが、やはりグラフは無いとのこと。
2016年2月10日(水)時点で廃止されたようです。(告知ページ)

GoogleAdwordsでは当然ながらこの機能はあります。

どうしても必要な人は外部ツールでも使え、ということなんですかねぇ。

「表示期間選択」に「日付を選択」が無い

YDNにグラフがないことに加えて、さらに管理しにくくしているのは「日付を選択」が無いことです。

WS000006

↑これは「スポンサードサーチ」の表示期間選択です。一番上に「日付けを選択」というのがありますね。

WS000004

↑こちらが「YDN」の表示期間選択です。

広告は御存知の通りある程度のスパンを設けて結果をモニターしていく必要があるわけで、結果として3ヶ月スパンで推移を見ていきたいと思うこともあります。

そんな時、「日付を選択」が無いので…「レポート」などを使って推移をチェックする必要があります。
これが面倒です…なぜこのような基本的な機能がないのか。

当然ですがGoogleAdwordsはディスプレイネットワーク広告も検索ネットワーク広告も、ほぼ同じ画面で管理できるため日付けを設定して表示することなど当たり前にできます。

スポンサードサーチとYDNで、タブが分かれている

これはYDNというより、Yahooプロモーション広告そのものの仕様について…なのですが。

GoogleAdwordsでは上のような一つのタブでディスプレイネットワーク広告を管理できるのですが、Yahooプロモーション広告ではディスプレイネットワーク広告が別のタブになっています。

WS000002

↑これがYahooプロモーション広告

WS000003

↑これがGoogleAdwords

なので、それぞれの広告の予算や内容を変更したり、比較したりする度にいったりきたり…そしてコレです。

このローディングが毎回出るわけです。

入金に関してもそれぞれ別個に行う必要があり、YDNを始めてからいろいろな面で面倒が増えてしまいました。

おわり

繰り返しになりますが、YDNは便利です。役に立っています。

しかし、僕個人の感想ですがGoogleでは出来るのになぜYahooでは出来ないのか…非常に残念に思う所が多々有ります。今回は書いていませんが、細かく言うともうちょっと不満があります…

今後、さらにYDNが今後使いやすく、管理しやすいツールになることを期待してます!

もし「こうすればいい」という方法がありましたらコメント欄にてご享受いただけますと幸いです。

コメントを残す

おすすめ記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク