更新日:

【Photoshop】逆光写真を修正する方法

逆行写真の暗いところを明るく修正する方法をご紹介します。

修正できる写真、できない写真

逆光写真の暗いところが完全に潰れた「黒潰れ」の状態になった写真は、残念ながら明るさを調整しても修正することはできません。

ただし、RAWデータがあればJPEG画像が黒潰れしていても、ある程度修正できます。

基本的に黒潰れしていない写真であれば、以下の手順により明るさを修正することは可能です。

作業手順

基本的には以前の記事「Photoshopで写真の明るさを均一にする」でご紹介した手順と同じです。

今回は次のような逆光写真を修正してみたいと思います。

1.レイヤーを複製する

写真のあるレイヤーを複製し、3枚にします。

レイヤー1は一切加工しない背景用画像

レイヤー2とレイヤー3は明るさを調整する用のレイヤーです。

 

影を処理する

まずレイヤー3を処理しましょう。

影の部分を、ディティールが分かるレベルまで明るくします。

その際、光の強い部分は白飛びしますが、今は影の部分だけに注目して調整してください。

影以外の部分を削除

消しゴムツールを使って白飛びした部分を消します。

消しゴムはボケのある柔らかいタイプを使ってください。

明るい部分を処理する

影を明るくしたことで明るい部分と比べて違和感があったり、沈んで見えることがあります。

レイヤー2の明るさを調整して、レイヤー3との違和感をなくしましょう。

 

全体の明るさを調整する

最後に「調整レイヤー」の「トーンカーブ」などを使って写真全体の明るさやコントラストを調整し、仕上げます。

必要に応じ、レイヤー数を増やしたり、ブラシを変えたりしながら調整してみてください。

うまく行かない場合は前述の通り「黒潰れ」、「白飛び」の状態になっているかもしれません。

M2制作BLOG

M2制作ホームページ:http://lvl-lvl.com

制作依頼・問い合わせはこちら

おすすめ記事

コメントを残す

  • 人気記事TOP10

  • 最近の投稿

  • アーカイブ